印鑑登録とは

印鑑登録とは、個人または法人や組織を証明するための法的制度です。これを証明した書類が印鑑登録証であり、印鑑の印影、印鑑を登録した人の住所や名前、生年月日、性別などを記載しているものを印鑑証明と呼んでいます。登録証については現在住民基本台帳カードと連携している自治体が多くこの住民基本台帳カードでいつでも専用端末で、住民票と印鑑証明を取ることができます。 個人の印鑑の登録は市町村事務として行なわれています。そしてその扱いは印鑑条例と呼ばれるもので各自治体によってその扱いが定められています。

登録の方法については、個人の場合は本人が実印を持って管轄の自治体窓口に行くことによって手続きをすることができます。申請書がありますのでそれに上述の個人に関する情報を記入して提出します。当日中に登録できる場合もあれば、後日関係書類が送付されるので、それを持って再度市役所の窓口に行き、届いた関係書類を提出し、そこで初めて登録が終了となります。手間のかかる措置ですが、公的な書類に数多く使用されるため、そして個人を特定するための最大の効力を発揮する登録証ですのでその作成も慎重に慎重を重ねているということです。

登録は常にユニークでなくてはいけませんから、既に同じ形で登録されていれば新しく登録することはできません。また、不鮮明なもの、名前の一部の組み合わせのようなものも却下されることが多いです。一般的には登録に使う印鑑の作成は業者に任せるのでそれほど問題になることはありません。

▼外部リンク▼
印鑑登録をするような本格的な印鑑も販売している老舗の印鑑通販サイトです・・・印鑑

Copyright © 2014 印鑑登録が必要な時 All Rights Reserved.